TOP > ドライアイスについて 保存について

ドライアイスについて

【ドライアイス】とは、二酸化炭素(炭酸ガス)を固体にした「−79℃」の低温の固体です。溶けても氷のように液体にならず、気体の炭酸ガス(無味無臭)に戻ります。液体にならず、直接気体になることを「昇華(気化)」といいます。

ドライアイスは、昇華する際に大気の熱を奪う昇華熱を利用した物質で、周囲から絶えず熱を奪いながら気化し、炭酸ガスになります。

また、ドライアイスの周囲に霧状の「もや」を発散しているように見えますが、これは二酸化炭素が溶け出したものではなく、ドライアイスに接している大気中の水蒸気が冷やされて白くなったものです。ドライアイスの個体は白色、昇華すると無色となり、ともに無臭です。

このドライアイスの炭酸ガスは、バクテリアやカビの繁殖防止・酸化防止・変色防止などの効果もあります。

ドライアイスは生き物です!!

ドライアイス 「ドライアイスって、冷凍庫に入れておけばそのまま保存できるの?」

こんなご質問をいただきますが、残念ながら「不可能」です。

ドライアイスは「−79℃」という低温ですが、普通の冷凍庫は「−20℃前後」に過ぎません。圧倒的にドライアイスの方が温度が低いため、時間が経つにつれどんどん気化し、小さくなっていきます。

この状況は、残念ながら商品の発送途中でも変わりません。

当店では、インターネット通販ですので、お客さまからのご注文商品を出荷してから、お届けまでに「1〜2日」ほどお時間をいただきます。このため、もちろんその間にも徐々にドライアイスは気化し、見た目も少しずつ小さくなってしまうのです。

しかし、当店では配送中のドライアイスの気化を少しでも防ぐため、こんな工夫をしております!

ドライアイス製造の際に出る「破材」を一緒にお入れして、
    気化を遅らせるようにしています

ドライアイス しかし…、どれだけ頑張ってみても、少しずつ気化してしまうことは防ぎようがありません。10キロのご注文をいただいた場合でも、平均して「約1〜2割」ほどが気化してしまう可能性がございます

これもドライアイスの特性ですので、あらかじめご理解くださいませ。

ドライアイスの保存や効果的に用いるためには


ドライアイス●効果的な冷やし方!
冷やしたい物の上に置いて物と物のすき間を開けると効果的!!
ドライアイス ●新聞紙などに包んで温度と時間を調節!!
ドライアイスは紙、または布で包んでください。ドライアイス自身の昇華速度をおさえ、長時間ものを冷やすことができます。
ドライアイス ●ドライアイスを割るときは!!
ドライアイスを割って使いたい時は、中心部から割ってください。飛び散らずに分割できますから、無駄になりません。
ドライアイス ●クーラーの効果的な使い方として
氷の上にドライアイスを置くと氷が溶けにくく長持ちします。


ドライアイスの用途別構成比


用途別構成比


ドライアイスの到着後(使用までの保存について)

ドライアイスは常に少しずつ気化していくのでそのままの状態を保つことはできません。ですが、気化を遅らせ長持ちさせることはできます。

ドライアイスを長持ちさせるには、お届け後、発泡スチロールのフタをできる限り開け閉めを少なくし、そのままの状態にしておくことです。

到着後中身を一度ご確認いただいた後は元に戻し、お届けした状態でご使用まで置いて下さい。
保管場所は発泡スチロールに入っておりますので常温でも問題ありません。涼しく、換気のよい場所に置いてください。

使用するまで、出来る限りフタを閉めておいてください。
新聞紙などでくるむことで、昇華(気化)の速度を遅くし、長持ちさせることができます。
保存する際には、ドライアイスに直接冷気を当てないでください。冷気を送る風がドライアイスの昇華を早めてしまいます。
ドライアイスを割る場合には、布や新聞紙などを敷いた上で割ってください。


「ドライアイスを少しでも長く保管したい」 そう思ったことありませんか? 頑丈!密封!長持ち! ドライアイスの保管は、電源不要の究極の発泡スチロール『ドライアイス専用ボックス』にお任せください!
ドライアイスを長く保存する為に生まれた究極の発泡スチロール『ドライアイス専用保管ボックス』

廃棄方法

ドライアイスは徐々に昇華(気化)していきます。廃棄する場合は、お子さまなどの手の届かない風通しの良い場所で、自然に消滅させてください。

安価をうたうドライアイス業者に充分ご注意ください。

上記ドライアイスの特性は当店のドライアイスについての限りとなります。

海外から粗悪なドライアイスを輸入し、安価で販売している業者の情報がございます。
ドライアイスの基本的な性能を下回る懸念がございます。 安価をうたっているドライアイス業者には充分ご注意ください。

当店はドライアイスを国内で製造しております。 安心あるドライアイスをお届けさせていただきますので どうぞご安心くださいませ。

ドライアイスの注意事項

●直接、手で触れないでください!

手を触れない ドライアイスは−79℃の低温固体のため、手で直接触れると凍傷になる恐れがあります。ご使用の際には必ず厚手の手袋などを着用の上、新聞紙などに包みながら触るようにしてください。

●換気のよい場所でご使用ください!

換気 換気の悪い場所でのご利用はお止めください。ドライアイスからは二酸化炭素が気化するため、密閉された室内でご使用されると、酸欠となる恐れがございます。万が一、使用中にめまい・頭痛・呼吸数の症状が現れた場合、直ちに十分な換気をしてください。

●ペットボトルなどの密閉容器には入れないでください!

密閉容器には入れない ドライアイスは昇華(気化)すると、体積が「約750倍」に増えます。容器に入れて密閉してしまうと、容器中に二酸化炭素が充満し、破裂する恐れがあります。ペットボトル・ビン・空き缶など、密閉性が高い容器には絶対に入れないようにしてください。事故の原因となります。

●決して口に入れたりしないでください!

口に入れない ドライアイスは食べ物ではありません。特に、お子さまの手に届くところでのご使用はお控えください。

 

お買い物ガイド shopping guide

ご注文について 詳細インターネットからのご注文
  →  ご注文ページはこちらから

FAXからのご注文
FAX 03-6214-2528
  → FAX注文用紙のダウンロードはこちらから

※ドライアイスのご注文は、24時間365日受け付け中です。
19時までにご注文いただくとで翌日出荷できます。希望時間指定、土日お届け、可能です。


「日本橋ドライアイス」支払方法  詳細 お支払いは、下記の通りとなります。
●銀行振り込み(先払い)
●クレジットカード(手数料:当店負担)

営業日のご案内  詳細 ●営業時間: 10:00〜18:00
●休業日(事務所) : 土・日・祝日
      (発送作業) : 年中無休

ご注文いただいている分は、年中無休で毎日出荷しています。
・営業時間外のお問い合わせに関しては、時間がかかる場合がございます。順番にご連絡しておりますので、ご了承下さい。

個人情報について  詳細 ●ご注文の際、お客様の情報は「SSL」という技術で暗号化されますので、情報が流出することはございません。

お客様の個人情報は厳重に保管・管理し、外部に漏らすことは致しません。安心してご利用ください。

配送方法・送料 詳細 ●送料 
1ブロック以上のご注文は【全て送料無料】

5スライスセットのみ別途945円頂戴しております。

●ドライアイスはヤマト運輸宅急便(常温便)にてお届けいたします。
(その他商品につきましては他の運送会社を使用する場合もございます。)

到着までの日数・ご指定いただく配達時間は、お届け先の地域によって異なります。

※ドライアイスは時間が経つにつれ気化していく性質の為、時間指定はできる限り最短時間を推奨しております。

※時間指定は目安であり、指定時間内でのお届けを必ずお約束するものではございませんことをあらかじめご了承くださいませ。

返品・交換・キャンセルについて 詳細当店のミス(注文重量相違)を除きまして、お客様ご事情による返品・交換はお受け致しかねます。
ご理解の程、お願い申し上げます。

●ドライアイスのキャンセルをご希望の場合は、当店発送日より3営業日前までにご連絡ください。

お電話 03-6214-2527
  (平日10:00-18:00受付/土日祝定休)


※すでにドライアイスが発送ラインに乗ってしまった場合には、変更を承ることができない場合もございます。予めご了承下さいませ。

お問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

●メールでのお問い合わせ
 dryice@nihonbashi-dryice.com
●電話でのお問い合わせ 03-6214-2527
(受付時間/平日10:00〜18:00/土日祝定休)
お電話の前に・・・よくあるご質問

 

〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2-1-1 アスパ日本橋ビル2F
TEL: 03-6214-2527 E-MAIL: dryice@nihonbashi-dryice.com